ベルギーに住むことになりました

ベルギー生活のいろいろ

拙い知識

恥ずかしながら、ベルギーに関しては

ほとんど知識がありませんでした。





知っていたことといえば、



・チョコレート、ワッフル、ビール

・ヨーロッパにある王国(正確な場所は分かららず)

・国旗は3色で、黒と黄色はあったような

・首都ブリュッセルは国際的な都市



といったところでしょうか。情けない。

夫がベルギーに住み始めてからは、多少なりとも調べたりしたので、

今はもう少し(毛が生えた程度)は分かるようになりましたが。





総合的な情報は専門サイトにお任せするとして、

個人的に感じた良い所、不安な所を紹介します。





これは良いぞ!と思ったのは、

まず、チョコレート。

名だたる有名チョコブランドが、ベルギー発祥です。

夫が一時帰国するたびにチョコレートをお土産にくれますが、

本当に美味しい。これは言わずもがな。

ベルギーに行ったら食べ比べしたいな。



次に、ベルギーは交通の便がいいこと。

パリにも近いし、意外とイギリスが近い。

それに、友達の住んでいるオランダもお隣。

あらためてヨーロッパの地図をよく見てみると、

ベルギーってヨーロッパの中心なのね。

ヨーロッパ旅行が楽しみです。



それから、ブリュッセルは英語が通じること。

ベルギーの公用語オランダ語フラマン語)、フランス語、ドイツ語の3つですが、

首都ブリュッセルは国際都市のためか、英語がかなり通じるようです。

英語もほとんど喋れませんが、それでも、他の外国語よりは分かる。

よかった!

ただいろいろな表記はフランス語等らしいので、

道路標識が読めなさそうで、怖いです。





逆に、ここは不安!と感じたのは、

まず、気候。

私、寒いの苦手なんです。年間を通じて東京より気温が低いとか。

そればかりか、冬は日が短く、暗くなるのが早い上に、雨がちのようで、

メンタルがやられないか心配です。

天気大事。



それから、何といっても、子供の教育と病院のこと。

不安で不安で仕方ありません。

学校はインターナショナルスクールにしようと考えていますが、

子供は慣れるのが早いとはいえ、やっぱり言葉の壁は相当なストレスなはず。

心配です。

日本の教育もどうしたらいいのか。

病院も、具合が悪くなれば連れて行かないわけにはいかないので、

どうにかするしかないです。

夫は仕事なので、どうにかするのは私。かなり不安。





いろいろ挙げてみましたが、

期待0.5不安9.5といったところです。

ベルギーは比較的暮らしやすいとの情報もありますが、

実際はどうなんだろうか。

子連れなので、子供関連のことで、

住みやすさが左右されるのかな。

子供が困らない程度に、それなりに暮らせたらいいのですが。